伸び悩んだ時のアクセス解析

カスタマイズのために

ホームページをより良くするためのツールの利用を考えた時、「アクセス解析」という言葉が浮かぶ人は少なくないのではないでしょうか。
興味は持っていても、具体的にどういったものなのかは理解していないという人も多いことでしょう。
漠然と、「ホームページの改善に必要なもの」と考えている人は、アクセス解析をつけるかどうかの前に、「どう、ホームページをよくしたいのか」について考えることをお勧めします。
その上で、自分が必要としている機能が提供されているかどうかを判断すると同時に、不要なものが少ない提供元を選ぶことが大切です。
そのためには、まず、自分のホームページをどうカスタマイズしたいのかという明確なヴィジョンを持つことが大切ですし、どういった情報がそのためには必要なのかを考えることも重要なのです。

また、より正確な情報が欲しいと考えるのであれば、有償プランの利用も考慮する必要が出てくるでしょう。
どちらにしろ、まずは自分のホームページに必要な機能を見つけることが大切なので、まずは多種多様な機能を提供している「エーステクノロジー」や「Googleアナリティクス」などで、どんな種類のどんな情報を提供してくれるシステムがあるのかを確かめてみることをお勧めしますし、気になる機能を見つけたら試用してみてはいかがでしょうか。
その際に大切なのは、自分が「そうしたい」と考えたホームページの改善案にとってプラスになるかどうかをちゃんと見極めることです。

たくさんの解析グラフが提供されることで満足してしまってはいけませんし、目的は解析を得ることではなく、訪問者が利用しやすいホームページへと進化させることなのですから、どの提供元のものが見やすく分かりやすいかをしっかり確かめ、本導入を検討することが大切なのです。
情報が分かりやすいということは、改善のために活かしやすいということでもあるので、カスタマイズを考えているのであれば、そうした観点で提供元を訪ねることがお勧めです。

エーステクノロジー