伸び悩んだ時のアクセス解析

的確な広告を打つ

近年は、実店舗での販売だけでなく、ホームページを介しての販売に力を入れているという企業も多いのではないでしょうか。
中には、「目玉商品」とも言うべき製品をトップに持ってきて、誰もがすぐに見つけることができるサイト作りを心がけているという企業もあるでしょう。
ですが、企業が推している製品や商品が必ずしも需要の高いものとは限りません。
「A」という製品に自信を持っていて、その製品を売ろうと広告に力を入れていても、実は「B」という製品を探している人の方が多いかもしれないのです。
その場合、「A」のために使っている広告費を「B」の宣伝のために回すことで、販路が拡大したり、大きな商機につながったりするかもしれません。

ホームページ上でも「A」を推すあまり、「A」へのリンクばかりが充実していて、結果、需要の多い「B」も扱っているにもかかわらず、それを見つけてもらうことができなかったり、購入につながらなかったりしているケースもあるのではないでしょうか。
こうした場合、実際に「A」に人気があるのかどうかを知ることが大切ですし、そのほかの製品へのアクセスについても調べる必要があるでしょう。
誰がいつ、どの製品への関心を示してくれたのか、そのうち、実際に購入してくれた人はどれくらいいたのかといった情報を提供してくれるのが「アクセス解析」です。

アクセス解析を使用することによって、実際にホームページに留まってくれている訪問者がどれくらいいるのかといったことや、どの製品や商品への関心が高いのか、関心が高いにもかかわらずどうして購入に繋がっていないのかといった問題点や改善点を知ることができるようになります。
それだけでなく、どの広告が機能しているのか、削るべきはどの広告なのかといった目安も提供してくれるのです。
それらを知ることができれば、購入までの導線を整理することもできますし、的確な広告を打つことができるようにもなるでしょう。